友人関係や学校の雰囲気と合わないなど、小学生・中学生・高校生が不登校になる原因はさまざまです。学校に通いたいのに通えない…そんな不登校の原因を考えるとともに、不登校の子どもでも通える学校やフリースクールの情報を提供します。

神奈川県の「インクルーシブ教育実践推進校」とは?

神奈川県にはさまざまな特色を持つ公立高校があります。その中の一つ「インクルーシブ教育実践推進校」は、知的障がいのあるなしにかかわらず、共に学習し、相互理解を深める教育に取り組む高校です。このページでは、インクルーシブ教育実践推進校のしくみを紹介します。

新しいスタイルの学びを提供!神奈川県の「通信制新タイプ校」とは?

神奈川県にはさまざまな特色を持つ公立高校があります。その中の一つ「通信制新タイプ校」は、ネットを活用して学んだり、平日の昼間に登校できる通信制の高校のこと。このページでは、通信制新タイプ校のしくみや近年の競争率について紹介します。

昼間の定時制高校!神奈川県の「フロンティアスクール」とは?

神奈川県にはさまざまな特色を持つ公立高校があります。その中の一つが「フロンティアスクール」。フロンティアスクールとは、昼間から学べる定時制高校のことです。このページでは、フロンティアスクールのしくみや近年の競争率について紹介します。

個々のニーズに柔軟に対応!神奈川県の「フレキシブルスクール」とは?

神奈川県の県立高校教育改革の一環として誕生した「フレキシブルスクール」は、一人ひとりの生活スタイルや学習のニーズに合わせて、時間帯を選んで学べる単位制の普通科高校です。このページでは、フレキシブルスクールのしくみや近年の競争率について紹介します。

ネットを活用した都立の通信制高校「トライネットスクール」とは?

トライネットスクールとは、引きこもり・不登校などさまざまな理由から学校に通うこができない生徒のために東京都が設置した都立の通信制高校です。学校へ行かずとも、ネットを通じて学習し、高校卒業資格を取ることができます。いったいどんな学校なのでしょうか?

不登校生のための高校選び、5つのポイント

中学校で不登校になってしまった人にとって、最大の悩みともいえる“高校進学”。「自分に入れる高校なんてあるのかな」「また不登校になったら…」など、不安や焦りを感じている人も多いでしょう。ここでは、不登校生ための高校選びについて詳しく説明していきます。

中学の不登校を乗り越え、高校・大学に進学した我が子の実体験!

中学校で不登校になってしまうと、その先の進路はどうなるの?漫画家・青木光恵さんは、不登校となった娘さんを全力でサポートすることを決意。数々の困難・逆境を乗り越え、無事に娘さんが大学に進学するまでの様子をコミックエッセイ2冊に渡って描いています。

我が子の不登校、漫画家・青木光恵さんはどのように乗り越えた?

漫画家・青木光恵さんは、娘のちゅんこさんが中学2年でいじめを受けて不登校となってから大学に進学するまでの経験をコミックエッセイ2冊に渡って描いています。今回、青木さんとちゅんこさんにインタビューを行い、不登校だった当時についてお話を伺いました。

キャリア教育に重点を置く茨城県の県立高校「アクティブスクール」とは?

魅力ある学校づくりを目指し、県立高校再整備などの取り組みを続けている茨城県。社会が変化し、生徒の能力や適正も多様化しているなか、その実態に即した柔軟な対応ができる個性的な学校として、2011年より「アクティブスクール」が設置されています。ここでは、茨城県のアクティブスクールの魅力について解説していきます。

不登校支援にも対応する千葉県の「地域連携アクティブスクール」とは?

2012年(平成24年)から県立学校の改革に取り組んでいる千葉県では、その方針を定めた「県立学校改革推進プラン」および「第1次実施プログラム」「第2次実施プログラム」に基づき、「地域連携アクティブスクール」を設置しています。ここでは「地域連携アクティブスクール」の概要について解説していきます。