声優を目指す人のための通信制高校・サポート校

アニメや映画の声を担当する仕事・声優。最近ではCDや写真集を出したりライブをしたりアイドル的な活動をする人もいて憧れの職業のひとつに数えられています。ここでは声優になるための方法や、声優を目指す人のために通信制高校・サポート校を紹介します。

声優になるにはどうすれば良いのか

声優を目指す人のための通信制高校・サポート校アニメや外国映画の吹き替えなどで活躍する声優。かつては顔の見えない裏方的な仕事のイメージがありましたが、最近ではCDを出したりライブを開いたり、はたまた紅白歌合戦に出場したり、アイドルやアーティスト的な人気を得て活躍の場所を広げています。

とはいえ、こういった「人気声優」や「アイドル声優」になれる人はごく一部。今も昔も、大半は顔の見えない裏方的な仕事です。また、アニメや映画の吹き替え以外にも、CMやテレビ番組・ラジオのナレーション、イベントの司会など多岐に渡っています。

では、声優になるにはどうすれば良いのでしょうか。

必要な資格などがある仕事ではないので、はっきりとした道筋というのはありませんが、現在活躍している方の多くは、下記のパターンのいずれかの道筋をたどって、声優の仕事をしているのではないでしょうか。

 

(1)俳優から声優の道へ

かつては、声優のほとんどがこのパターンでした。劇団などに所属して俳優として活動していた人が、「演技する仕事のひとつ」として声優の仕事を引き受けたところ、だんだん声優として仕事が増えていき、それが本職になった…というパターンです。

「ドラゴンボール」の悟空役など、少年役の第一人者・野沢雅子さん、「ワンピース」のルフィ役の田中真弓さんも役者として活動していました。

遠回りのように見えますが、演技力を磨く、という意味では確かな道です。

 

(2)声優養成所から声優事務所に所属

芸能事務所や声優プロダクション、専門学校などが運営している声優養成所でレッスンを積んで、声優事務所に所属する、というパターンです。近年ではこのパターンがいちばん多く、また、目指しやすい道筋ではないかと思います。

「機動戦士ガンダム00」のティエリア・アーデ役の神谷浩司さんは、大手声優事務所である青二プロダクションが運営する養成所・青二塾で学んでいます。

ただし、養成所に入っても全員がそのままプロダクションに所属できる訳ではなく、さらに事務所に入ることができても定期的に仕事をもらえるのはごく一部の人です。俳優やお笑い芸人など、芸能界の他の仕事の人と一緒で、運良く事務所に所属できた後もずっと仕事がない…ということもありえます。

 

(3)声優オーディションで好成績を収める

「声優アワード新人発掘オーディション」「声優魂」など、新人声優発掘を目的としたオーディションに参加して好成績を収めれば、声優事務所への所属や養成所に入所できるなどの特典が与えられます。

また、「◯◯作品の××役募集オーディション」など、作品ごとに開催されるオーディションや芸能事務所が主催するオーディションの「声優部門」など、いろいろなオーディションが開催されています。

 

(4)歌手やアイドル、子役などから声優の道へ

元AKB48の仲谷明香さん、佐藤亜美菜さんは、グループを卒業後、現在は声優として活動しています。

また、紅白歌合戦に声優で初めて出場した水樹奈々さんは、元々歌手としてデビューしましたが、声優のお仕事も平行してされていました(どちらかと言うと、昔から歌手が本職のようなイメージもあります)。

声優になるための勉強ができる通信制高校・サポート校はあるの?また、(1)と近いですが、子役として活動していた人が大人になって声優になる、というパターンもあります。「DETH NOTE」の夜神月役の宮野真守さんは子どもの頃は劇団ひまわりで子役として活動していましたし、「黒子のバスケ」黒子テツヤ役の小野賢章さんは、子役として劇団に所属していた12歳の頃から、「ハリー・ポッター」シリーズの吹き替えを担当しています(12歳から声優!)。

ただ、ジャンルは違えど元々芸能界で活動していたわけですから、一般人よりも才能や運に恵まれていたのは間違いありません。

 

上記のように、声優になるためのはっきりとした道筋はありません。とはいえ、最近では声優という仕事がアニメファン以外にも認知されるようになり、声優養成所や声優の事務所も増えてきています。
養成所で発声などのレッスンを積んで、声優事務所への所属を目指すのが、一般的な道筋ではないでしょうか。

 

声優になるための勉強ができる通信制高校・サポート校一覧

この項目では、高校生のうちから声優になるためのレッスンができる通信制高校・サポート校を紹介していきます。

さくら国際高等学校 東京校

東京・代々木にあるさくら国際高校 東京校は「声優・タレントコース」のほか、「進学コース」など4つのコースがあります。
さくら国際高等学校 東京校 声優・タレントコース

「声優・タレントコース」では、レッスンスタジオやレコーディングスタジオなど本格的な設備を使い、第一線で活躍するプロ講師から指導を受けられます。発声・発音・呼吸トレーニングなどの基本レッスンから、アフレコ実習やCM実習など、実践的なカリキュラムを用意しています。
高校として初の「日本声優事業社協議会賛助会員」であり、田中真弓さん(「ワンピース」ルフィ役など)、松本梨香さん(「ポケットモンスター」サトシ役など)など超人気声優さんの特別レッスンも開講されています。

さくら国際高等学校について詳しくはこちら

 

鹿島学園高等学校

全国に多数のキャンパスを持つ鹿島学園高等学校の西新宿声優キャンパスには、オプションコースとして「アニメ・マンガ・声優コース」があり、高校に通いながら声優としてのスキルも学ぶことができるのが特徴です。
学校法人鹿島学園 鹿島学園高等学校「アニメ・マンガ・声優コース」で講師を務めるのは、現在も第一線で活躍しているプロの声優です。現役のプロだからこそ教えられる実践的なカリキュラムと在学中からの積極的なオーディション対策で、声優としてのデビューを強力にバックアップしてくれます。3か月に1度行われる「学院内オーディション」では、養成所のレッスン生と一緒に所属審査を受けます。能力が認められれば、高校在籍中に声優事務所に所属し、アニメや映画に出演のチャンスもあります!!

鹿島学園高等学校について詳しくはこちら
 

バンタンゲームアカデミー高等部

ファッション、デザイン、ゲームなどクリエイティブ分野の育成に長い歴史をもつバンタングループの通信制高校サポート校です。
「アニメ&ゲーム声優専攻」では、高校卒業資格を得るための学習をしながら、アニメやゲーム、映画など幅広いジャンルで活躍できる声優を目指します。授業はすべて、現役で活躍するプロ講師から指導が受けられるので、業界で「今」求められているテクニックや現場対応力を身に付けることができます。長い歴史をもつ同校ならではの、声優事務所、ゲームやアニメの制作会社との強いコネクションを活かし、学内オーディションも定期的に行なわれています。

 

クラーク記念国際高等学校

大阪梅田キャンパスにある「声優・パフォーマンスコース」や奈良キャンパスにある「舞台芸術専攻」ではプロの講師の指導のもと、声の仕事をするうえで必要な基本的技術を滑舌を意識した発声練習や簡単な台本読みなどのレッスンを通じて身につけていきます。発声の基礎を固めた後はマイクワークやアフレコ、ナレーションの実習を通して実戦力を身に付けます。そのうえで“自分らしさ”を表現するための技術を学び、声優としての能力を高めます。録音ブースなどの教室設備も充実しており、本格的な環境の中でレッスンを受けられます。
奈良キャンパスでは毎年京都で行う学校主催イベントの「京都駅ビル高校生芸術発表」にて着ぐるみショーのアテレコを行うなど日ごろの成果を一般の方に披露しています。また、地元の中学校の文化祭で「声優講座」を開講し、講師を務めるだけでなくマイクの調整など機材のセッティングなど裏方の仕事も学びます。さまざまな経験を積んでいく中で声優として必要なスキルを身につけています。

 

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校は、自分の興味関心に合わせた専門分野を学ぶことができる通信制高校です。通学するキャンパスは全国に40カ所以上あるので、自分の通いやすいキャンパスで学ぶことができます。

ヒューマンキャンパス高等学院で学べる専門分野は20以上あり、目指せる職業は70以上と非常に豊富です。

声優・タレントを目指す専門分野もあり、第一線で活躍する有名声優からプロとしてのノウハウを実践的に学ぶことができます。学べる内容は、声優として大切な声の演技に限らず、ボーカルやナレーションなど非常に幅広いのが特徴です。また、たくさんのプロダクションとつながりがあるので、学内オーディションが数多く開催されています。

人気声優が学内に訪れるワークショップも定期的に開催されており、プロの技術や声優業界の裏話など、ここでしか聞くことができない話を聞くこともでき、学校全体で声優デビューをバックアップする体制が整っている学校です。

 

北海道芸術高等学校

北海道芸術高等学校には、声優を目指す人のための「声優コース」が開設されています。「声優コース」は6つのキャンパスで学ぶことができ、それぞれのキャンパスでのレッスンを通じて声優デビューを目指します。

「声優コース」の講師は、現役のプロ声優やフリーアナウンサー、俳優です。演技指導だけに限らず、発声や歌唱指導なども通じて、声優としての基礎をしっかりと学んでいきます。

北海道芸術高等学校では、サテライトキャンパスで声優養成所に入所するためのオーディションを受けることも可能です。多くの学生が学内オーディションに合格して声優としての第一歩を踏み出しています。

週に5日キャンパスに通学する場合、1時間目から3時間目は日本史や英語、国語などの基本的な科目を勉強します。4時間目から6時間目までは、発声や総合演技など声優として必要なスキルを磨くための学習を行います。声優として必要なスキルだけでなく、基本的な科目もしっかり学ぶことができる学校です。

 

桜丘学園高等部

桜丘学園高等部は総合芸術科の通信制サポート校です。総合芸術科では、提携する通信制高校の学習のサポートに加えて、自分の興味関心に合わせた専門分野を学ぶことができます。専門分野のコースは「ファッション」、「アニメ・キャラクター」、「声優&ヴォーカル」の3コースです。

「声優&ヴォーカルコース」は、アニメや洋画の吹き替えで活躍する声優、アニソン歌手、ナレーター、タレントを目指す人のためのコースです。ヴォイストレーニングや演技はもちろん、ダンスやオーディション対策を通じて、声優としてのスキルを身に着けていきます。

講師は、大手芸能プロダクションの俳優養成所を卒業したプロの俳優やタレントです。大手芸能プロダクションのノウハウを直接学ぶことができるのが桜丘学園の魅力と言えるでしょう。

頻繁にオープンキャンパスや専門分野の体験実習を開催しているので、気になる人は一度参加して、実際の学校の雰囲気を体験してみると良いでしょう。

 

国立音楽院

国立音楽院は日本最大級の音楽系通信制サポート校です。オープンシラバス制なので、自分の好きな科目を自由に選んで学ぶことができます。

国立音楽院の高等部は、通信制高校の学習をサポートしながら、それぞれの興味関心に合わせた専門コースで専門分野を学ぶことができる場所です。

「アニソン声優科」では、声優はもちろんナレーター、司会者、DJ、俳優などを目指して学んでいきます。

「アニソン声優科」では、基本的な科目としてアニメアテレコ演技実習、アニソン歌唱実践、声優演技実践などを学びますが、より深く踏み込んだ内容や専門的な内容は選択授業で学ぶことができるのが特徴です。一人一人の目標や将来の夢に合わせて柔軟にカリキュラムを組むことができます。

専門的な技術を教えてくれる個別指導の講師には、プロの声優を始めヴォイストレーナーや声楽家などさまざまな人が居るので、自分に合った講師に教わることができるのも魅力です。

 

あずさ第一高等学校

あずさ第一高等学校は、通信制・単位制の高等学校です。基本的な学習にプラスして、自分の目指す将来の夢や希望に合わせて様々なコースで専門的な内容を学ぶことができます。

キャンパスは首都圏に8カ所ありますが、専門コースによっては学べるキャンパスが限定されることもあるので、しっかりチェックすることが大切です。

あずさ第一高等学校の「声優コース」では、演技の基本である発声や呼吸から実際に台本を使って行うセリフ読みまで、声優として必要なスキルの基礎を身に着けることができます。

週に5日通学するスタイルであれば、1時間目から4時間目は国語や数学などの基礎的な学習を行い、週に2日ある5時間目は声優になるための専門的な内容を学習します。

講師は有名なアニメにも出演経験のあるベテラン声優です。

なお、専門コースは学期ごとに変更することができます。もし一度「声優コース」で学んでみて目標が変わったとしても、次の学期からコースを変更して学ぶことが可能です。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!