青山ビューティ学院高等部のユニークなヘアメイク授業とは

美容を専門的に学びながら、高校卒業資格が取得できる青山ビューティ学院高等部。学校の頭文字でもあるA・B・G、“Art”“Beauty”“Mode”の3コースから選べる「セレクト授業」がスタートから2年目を迎え、2019年5月29日に、東京校での今年度最初の授業が行われました。

青山ビューティ学院高等部のユニークなヘアメイク授業とは
 

3学年合同の、自らの感性を出すヘアメイクの特別授業

青山ビューティ学院高等部は、高校卒業資格取得に必要な科目に加え、ビューティに特化したカリキュラムを充実させた通信制高校サポート校です。通信制高校のさくら国際高等学校と提携し、ビューティ専門スクールのフロムハンドメイクアップアカデミー(フロムハンド)が姉妹校。姉妹校推薦制度があり、青山ビューティ学院高等部卒業後にフロムハンドへ進学する生徒もいます。

2010年に東京校、13年に京都校を開校していますが、今回の「セレクト授業」の取材に訪れたのは東京校です。「セレクト授業」は18年度にスタートしたヘアメイクの特別授業で、東京校と京都校のそれぞれで月1回の開催。通常の授業は知識や技術を身につける“インプット”が中心ですが、習得した知識や技術をもとに、自らの感性でヘアメイクを仕上げる“アウトプット”の機会となるのが「セレクト授業」です。

自分の感性を自由に発揮してヘアメイクに打ち込めるのが「セレクト授業」

自分の感性を自由に発揮してヘアメイクに打ち込めるのが「セレクト授業」

さらにもう1つ、他の通常授業にはない「セレクト授業」の大きな特徴となるのは、1~3年生が合同で授業を受ける点です。学年の違いという垣根を越えて生徒同士が交流を深める良い機会となっているわけですが、一方、ビューティの世界は実力社会でもあります。「学年や年齢では先輩・後輩の間柄でも、心の中ではビューティの道を目指す者同士、対等なライバルとして、互いに切磋琢磨し、良い刺激になっているようですね」と、青山ビューティ学院高等部学務担当の関宏枝先生は「セレクト授業」の効果を打ち明けます。

 

自分の顔をキャンバスに!? 感性あふれるArtコース

「セレクト授業」は、朝から夕方まで終日行われます。生徒がセレクトできるのは“Art”“Beauty”“Mode”の3コースから1つ。
Artコースは、アート顔の世界にとらわれず、独自の世界観を見つめて自由な発想でヘアメイクするコースです。授業ではまず、指導に当たる青山ビューティ学院高等部学長の関野里美先生が「アート(芸術・美術)」についてレクチャー。「自分の感情をアウトプット」「0から1」「美意識」「自己価値」「他己価値」などのキーワードが飛び出し、真剣なまなざしで聞き入る生徒たち。「自分はこう思います」と生徒が意見することもあり、アートに対する見識を広げ、認識を深めていきました。

Artコースで自分の頭の中を「無」にする様子

レクチャーが終わると、生徒たちは教室にマットを広げて寝始めて……。といってもこれはお昼寝ではなく、なにも考えずに自分の頭の中を「無」にする大切な時間。そして約30分後、すっきりした頭の中で各自が思い思いにA3の白い紙をクシャクシャに丸めたり折ったりちぎったり、自分の世界観を表現し始めました。

その後に昼食をはさんで午後には、A3の白い紙に表現した世界観を活かしたヘアメイクの作業へ。自分の顔をキャンバスにして顔に色をつけたり、紙をヘアスタイルに取り入れたり、独創的なヘアメイクが仕上がりました。

3つの中から選択するコースは、月ごとに変更することが可能ですが、当初からArtコースを毎月受け続け、今年で2年目になるほどArtコースにハマっているという3年生の杉浦未有さん。Artコースの授業の成果で、いろいろなアイデア・表現が次々とわいて出てくるようになり、その質も高く上がっているようです。

「関野先生の作品が好きで、関野先生に憧れてArtコースだけを受け続けているのですが、自分の頭に浮かんだことを表現できる自由なところが気に入っています。授業を受けるたびに、頭の中を『無』にしたあとにいろいろな表現があふれ出てくるようになって、それがなによりも楽しいです。年1回開催される『トータルビューティーショー』に2年連読で出場したのですが、Artコースを受け始めたあとの2年生のときのファッションは1年生のときよりもガラリと良くなって、友達や母親から褒められたほどです」

Artコースでペアの相手にメイクしてもらっている杉浦さん

Artコースの授業終了後の記念写真。一番左が杉浦さん

 

新たな自分のイメージに挑戦するBeautyコース

Beautyコースは、自分自身の美しさを引き出しながら新たな自分に挑戦する、シンプルかつキレイを融合させたコースです。教務担当でメイクアップアーティストの木村春香先生は、今回のテーマが「今までの自分とは正反対のイメージのヘアメイク」であることを説明。そして、生徒はそれぞれ「理想の人」「自分とは反対の人」「自分ってどんなイメージ」を書き出します。

その後、2人1組のペアとなり、互いに相手の正反対となるイメージのヘアメイクを提案し合います。午前中はペアの片方の生徒が相手に、午後はもう片方の生徒が相手にヘアメイク。色見や肌、眉、唇のイメージをはじめ、アイシャドウやアイラインの入れ方などを仕上げていきます。

教室の中央にはヘアメイク用具が用意され、それらを使いわけながら、ときには木村先生にアドバイスを求め、実演してもらうなど、作業をこなしていく生徒たち。仕上がりに近づくと、あまりにイメージが変わったことでワアッと歓声が上がりました。

今回が初めての「セレクト授業」だという1年生の粟田瑞妃さんは、ペアを組んだ相手から多くを学び、次回もBeautyコースを選ぶ気持ちになったようです。

Beautyコースで木村先生の実演でヘアメイクしてもらっている粟田さんとそれを見るペアの相手

「今回ペアを組んだのは同じ1年生だったのですが、普段の私のヘアメイクは、濃くなくて明るめなのに、ペアの子は全体的に濃いイメージにして、アイラインも強めに入れて、こういう自分の見せ方もあるのだと、とても参考になりました。それと、同じ1年生なのに、髪の毛を上げるときに止め方が痛くないか、ビューラーが引っかかっていないかと、とても気づかいが良くって。他人の肌に触れたり、ヘアメイクをしてあげたりするときには、私もこういう気づかいを心がけようと、良い勉強になりました。来月もBeautyコースを選びたいです」

Beautyコースは「相手に新たなイメージを提案する面白さ」と「逆に相手から提案してもらう新たな自分の発見」が魅力

Beautyコースの授業終了後の記念写真。左から2人目が粟田さん

ランウェイで使われる最新モードメイクを取り入れたModeコース

Modeコースでは、ファッションショーやコレクションなどランウェイメイクについて学びます。Artコースよりもおとなしく、Beautyよりも奇抜な発想でヘアメイクします。指導に当たるのは、教務主任でヘアメイクアップアーティストの佐々木瑞歩先生。今回のテーマは、海外で流行し、日本でも徐々に注目され始めている「コントゥアリングメイク(立体小顔)」です。

Beautyコースと同様、2人1組のペアとなって授業を進めることもありますが、今回は各自が自分の顔にコントゥアリングメイクを施していきます。ベースメイクをはじめ輪郭作りやハイライトに至るまで、各段階で佐々木先生が手順を説明し、生徒が実践していくことの繰り返して授業は進行。最新のメイクを体感できるとあってどの生徒も夢中で取り組んでいきました。

2年目を迎えた「セレクト授業」で初めてModeコースを受けた2年生の長潟優祈さんは、次回もModeコースで最新のヘアメイクを体感してみたいそうです。

「普段の授業は、基本を身につけ、応用を学び、テストを受けるという感じですが、『セレクト授業』には遊びがあると言いますか、自分の趣味を入れる、自分を出すことができるので楽しいです。それに『セレクト授業』で知り合った他学年生と休み時間や放課後に話をするようになって、知り合いが他学年にも広がっていくのがとても良いと思います。Modeコースは今年から始まった新しいコースですし、モードに興味があったので今回選んでみました。『コントゥアリングメイク』は、外国人のように日本人も、というところが面白いですし、クールなイメージの色使いや、ハイライトの入れ方など、新鮮さがありました」

多感な思春期の豊かな美意識を才能として開花させようという青山ビューティ学院高等部。「セレクト授業」はその象徴的な取り組みの1つと言えるでしょう。

Modeコースで佐々木先生のレクチャーのモデルとなっている長潟さん

Modeコースでは今回のテーマのコントゥアリングメイクを各自が自分の顔に施します

 

「青山ビューティ学院高等部」とは

東京・原宿と京都の2か所にキャンパスがある青山ビューティ学院高等部は、ヘア・メイク・ネイルなど美容に関する技術と知識、社会人として必要な知識をしっかり学びながら、高校卒業資格も取得できる通信制高校サポート校です。
メイクアップ検定やネイル検定など各種検定対策も行なうほか、「スタジオ撮影」「化粧品工場見学」など、ビューティの学校ならではのイベントがたくさん用意されています。また外部のショーやイベントでヘアやネイルを担当したりするなど、実践的なシーンで個性と感性を磨くチャンスもあります。

青山ビューティ学院高等部について詳しくはこちら

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!