通信制高校やサポート校の学費はいくらかかるの?

通信制高校に進学したいけど、学費はどのくらいかかるのでしょうか?通信制高校には公立から私立まで非常に学費に差があります。今回は現実的に入学を考えるにあたって大事な点になってくる学費のお話をします。また、学費が安い通信制高校も紹介します。

通信制高校やサポート校の学費はいくらかかるの?

通信制高校の年間でかかる学費はどれくらい?

通信制高校に通うと、年間でどのくらいの費用がかかるのでしょうか?おおよその目安となる金額は以下の通りです。

入学金(初年度)授業料諸費用初年度合計
公立500円約1~3万円
(300円~×単位履修数)
約3万円約4~5万円
私立2~5万円約18万円~
(6000円~×単位履修数)
約3万円約20~80万円

 

公立の通信制高校の場合は約4~5万円と学校によってあまり差はありませんが、私立の通信制高校では年間約20~80万円と、選ぶ高校やコースによって大きな開きが見られるのが特徴です。

世帯収入などの条件を満たせば、国の就学支援金制度を利用し、年額で約12万円程度の就学支援金を受け取ることができます。ほかにも、奨学金制度や特待生制度などを利用するのもオススメです。

就学支援金については、こちらの記事(就学支援金や奨学給付金を利用して高校進学を目指そう)でも詳しく解説しています。

 

通信制高校でかかる学費のいろいろ

通信制高校ではどのような学費がかかってくるのでしょうか。学校によって呼び方や分け方などが違ってはきますが、大まかに以下のような学費がかかってくると考えて良いと思います。

  • 入学金
    入学時のみ発生します。
  • 検定料
    いわゆる受験料です。入学時に発生する学校もあります。
  • 施設設備費
    学校の設備を使用するのにかかる費用です。普段通わない場合でも、試験などで多少通学することがあるため、発生する場合がほとんどです。
  • 教材費
    教科書やプリントなどをはじめとする教材費は一定の額が定められている場合が多いです。
  • 単位認定料
    1単位ずつ単位を認定するための学費がかかってきます。
  • 学習指導料(授業料)
    普段の通学でのレポート添削・個別指導に対する学費です。
  • スクーリング実費
    宿泊型の場合には宿泊費や食費なども含めた金額、通学型の場合には課外活動の費用や博物館等の入場料など。実費ではなく一定の額が定められている場合もあります。
    ※スクーリングについてはこちらの記事(通信制高校で必須のスクーリングとは?)を参考にしてください。
  • 制服代(希望者)
    通信制高校の場合は、制服があっても着用は自由な場合が多いです。希望者に発生する費用もあります。

 

この学費の内訳を見ていきましょう。当然学校によって大きく違ってはきますが、ここでは一例を見てみることにしましょう。

 

通信制高校

有志国際高等学校入学金\30,000
授業料(1単位¥9,000×24単位)\216,000
施設備費(年)\10,000
日本スポーツ振興センター加入金(年)\250
視聴覚授業料(年)\30,000
合計\286,250
飛鳥未来高等学校入学金\10,000
授業料(1単位 \8,000×24単位)\192,000
教材費\30,000
施設費\60,000
諸経費\40,000
補習費(ベーシックコース)\100,000
合計\432,000

※学費はコースやキャンパスによって異なります。

 

サポート校

BLEA女子高等部入学金\100,000
教材費\73,000
行事関係費\95,000
受講料\1,024,000
通信制高校学費\180,000
合計\1,472,000
青山ビューティ学院高等部
(トータルビューティコース/週5日)
入学金\100,000
教材・施設費\240,000
授業料\680,000
通信制高校学費\230,000
合計\1,250,000

 

 

学費だけで通信制高校を選ぶ際の注意点

 

学費の差は卒業率の差に現れやすい

上の表を見ても分かる通り、学費だけを見ると私立よりも公立を選んだ方が断然おトクです。しかし、ここで注目しておきたいのが、公立と私立の卒業率の違いです。実は、公立の通信制高校の卒業率はわずか2割程度。それに比べ、私立の中には7割以上の卒業率を誇っている学校もたくさんあります。卒業までのサポート体制が整っているぶん、私立の方が学費が高いというわけです。一人で計画的に勉強をすすめる自信のない人は、学費だけで公立を選ぶのはちょっぴり危険。私立の中から学費の安い高校を探すのがオススメです。

 

サポート校を利用すると学費は高めに!

サポート校とは、通信制高校での学習をサポートするいわゆる「塾」のような存在です。生徒一人ひとりに対するフォロー体制は整っていますが、そのぶん学費も高くなります。サポート校の学費の相場は1年間で約50〜100万円(入学金込み)。これは、全日制の私立高校の学費とほぼ同じ金額です。サポート校は通信制高校とセットで通うものですから、もちろんこの他に通信制高校の学費もかかります。経済的負担が気になる人は、サポート校を併設していない単体型の通信制高校を選んでみるといいでしょう。

 

同じ通信制高校でも選ぶコースで学費は変わる!

在宅型から週5日学校へ通う登校型まで、通信制高校にはさまざまなコースがありますよね。同じ高校でも、どのコースを選ぶかによって授業料も異なります。だいたいの年間相場は以下の通りです。

週1日通学コース約20~30万円
週3日通学コース約40万円~
週5日通学コース約80万円~

 

通学する日数が増えれば増えるほど、学校側のサポートも手厚くなりますから、それだけ学費も高くなるというわけです(中には、週何日通っても学費は同じという高校もあります)。どうしても学費を抑えたいという場合は、登校日数が少ないコースを選ぶのも一つの方法です。

 

学費が安い通信制高校一覧

 

鹿島学園高等学校

年間学費目安:約25万円(1単位当たりの授業料は7000円)

学校法人鹿島学園 鹿島学園高等学校東京、大阪、福岡ほか、全国200カ所以上にキャンパスがある鹿島学園高等学校は、私立の中でも学費が安いことで有名な高校のひとつ。就学支援金も利用可能で、鹿島学園の生徒を対象にした低金利の教育ローンを利用すれば納入金を分割払いすることもできます。通学コースやオプションコースを利用する場合は別途費用がかかります。

鹿島学園高等学校について詳しくはこちら

 

翔洋学園高等学校

年間学費目安:約25万円(1単位当たりの授業料は8000円)

翔洋学園高等学校茨城・千葉・福島にキャンパスを持つ翔洋学園高等学校。この学校の入学金はなんと0円。さらに、授業料と施設設備費、教科書代以外の追加費用は一切かかりません。全コースで学費が共通なのもわかりやすくていいですよね。また、週に何日登校しても学費が変わらないのも大きな特徴です。学費を気にせず自分のペースで学びたいという人にオススメです。

翔洋学園高等学校について詳しくはこちら

 

N高等学校

年間学費目安:約25万円(1単位当たりの授業料は7200円)
※2017年10月~適用の新学費に基づく

N高等学校のネットコースは、インターネット学習が中心でスクーリングも年に5日のみ。そのため、学費も年間25万円と安めです(スクーリングの参加費用は別途必要です)。就学支援金も利用可能。2017年4月から開校した通学コースを利用する場合は、別途手続きと費用がかかります。

 

クラーク記念国際高等学校

年間学費目安:約22万円(1単位当たりの授業料は8000円)

スポーツや留学など、さまざまな分野に力を入れているクラーク記念国際高等学校。全日型コースを選ぶ場合は年間86万円ほど必要になってきますが、通信制コースを選べば年間約22万円で通うことができます。在宅・ウェブコースでも担任制を導入しているので「一人で勉強が進められるが不安」という人でも安心です。

 

ヒューマンキャンパス高等学校

年間学費目安:約29万円(1単位当たりの授業料は8500円)

40種・100職以上の専門分野を学べるヒューマンキャンパス高等学校。一般通信コースの学費は年間29万円ほどで、専門コースや通学コースになると、これに「キャリア教育充実費」「教育充実費」などが加わります。10~3月の入学生については施設費・教育充実費が半額になるので、費用を抑えたい人は入学時期をずらすのもオススメです。

 

第一学院高等学校(通信コース)

年間学費目安:約31万円(1単位当たりの授業料は1万円)

数あるコースの中でもっとも学費が安いのが、自宅でネットを使って学習を行う通信コース。インターネットの設備費としてライブキット代(2万1000円)がかかりますが、これは初年度のみ。在学中は無償でiPadを借りられるため、自宅にパソコンを買い揃える必要もなく、初期費用も抑えられます。

 

※上記の年間学費目安は主に各校の初年度の金額を掲載しています。選択するコースによって金額は異なりますので、詳しくはそれぞれのHPや資料で確認してください。

 

まとめ

「なるべく学費の負担は減らしたい」これは誰しもが思うところですよね。しかし、「学費が安いときちんとした授業が受けられないんじゃ…」と不安な気持ちもあるはず。まずは自分の希望(マンツーマンで授業を受けたい・資格がとりたい・メンタルケアが充実しているところが良いなど)を明確にし、それに当てはまる学校の中から学費の安い高校を探すことをオススメします。学費が安い通信制高校の中にも、しっかりとサポート体制の整った評判の良い高校はたくさんありますから、諦めずに探してみてくださいね。

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!