集中スクーリングが魅力的な通信制高校

通信制高校を卒業するために欠かせない“スクーリング”。しかし、「ちょっと面倒」「あまり気が進まない…」と感じる人が多いのも事実です。このページでは、思わず行ってみたくなる、魅力的なスクーリングを実施している通信制高校を紹介しています。

集中スクーリングが魅力的な通信制高校

スクーリングとは?

通信制高校の最大のメリットは自分のペースで好きな場所・好きな時間に勉強できることですよね。しかし、「一度も学校へ行かなくていいの?」というと、そういうわけにもいきません。単位を取得するためには「スクーリング」と呼ばれる対面授業にも参加しなければならないのです。

 

スクーリングの日数は高校によってさまざま

通信制高校の卒業条件は、「3年以上在籍すること」「74単位以上を修得すること」「特別活動に30単位以上参加すること」の3つですが、スクーリングについては各高校の裁量にゆだねられています。スクーリングを年に何日行うか、どのような方法で実施するかは、その高校の自由なのです。スクーリングの回数を増やすことで学生とのコミュニケーションを大切にしている高校もあれば、逆にスクーリング回数が少ないことを魅力のひとつとして謳っている高校もあります。

 

一大イベント「集中スクーリング」とは?

その中でも、年に1~2度、泊まりがけで行われる合宿タイプのスクーリングを「集中スクーリング」といいます。大自然の中で行われることが多く、人気のリゾート地に赴いたり、綺麗なホテルに宿泊できるケースも。授業の内容もバラエティに富んでおり、農業体験、自然体験、文化体験など実にさまざまです。この集中スクーリングが修学旅行のような位置づけになっている高校も多く、 “通信制高校の一大イベント”といっても過言ではありません。

スクーリングについて詳しくはこちら( 通信制高校で必須のスクーリングとは?

 

集中スクーリングがオススメな3つの理由

 

【理由その1】一生の友達ができるかも!

初日は緊張していた生徒たちも、最終日にはすっかり友達同士に…というのは、集中スクーリングではよくあること。「泊りがけ」と聞くと、「友達もいないし、一人で参加するのは気が重いなあ」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、いつもとは違う環境で色々な人とふれあえば、心も自然と打ち解けるもの。一生の友だちに出会えるかもしれませんよ!

 

【理由その2】普段はできない特別な体験ができる!

北は北海道から南は沖縄まで、大自然の中で色々な経験ができる集中スクーリング。トレッキングやリフティング、スキーや農業体験など、普通の旅行では味わえないイベントもたくさんあります。 教室では決して学ぶことのできない“生の体験“を、仲間と楽しみながら経験できるこのチャンスを逃す手はありません!

 

【理由その3】集中スクーリングだけで卒業できるケースも!

スクーリングは科目ごとに出席日数が決まっており、一般的に年間20日前後の登校が必要と言われています。しかし、高校によっては「集中スクーリングの参加のみで卒業可能」というところも。「忙しくてなかなかスクーリングに時間が割けない」「面倒なスクーリングを一度で終わらせたい」という人にオススメです。

 

集中スクーリングが魅力的な通信制高校・サポート校一覧

集中スクーリングが魅力的な通信制高校・サポート校一覧

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校の集中スクーリングは、男子限定の「男子スクーリング」、女子限定の「女子スクーリング」、親子で参加できる「親子スクーリング」、20歳以上限定の「成人スクーリング」の4コースから選ぶことができます。茨城県大子町の本校で2泊3日で行われ、天体観測、ハイキング、そば打ちなどを体験できます(内容は毎年変わります)。

参加した生徒の感想(HPより一部抜粋)

「スクーリングで出会えた仲間は、一生の宝物です」

「最初は本当に怖かった。一人で新幹線に乗るのも怖かったし、不安だった。だけど勇気出して来てよかった」

「最終日、本当に帰りたくないって思ってしまった」

ルネサンス高校について詳しくはこちら

 

N高等学校

N高等学校の「プレミアムスクーリング」では、沖縄の伊計本校にて4泊5日の集中スクーリングを体験できます。教科の授業のほかにも、沖縄の伝統芸能であるエイサー体験やサトウキビ農業体験などの特別活動、キャンプファイヤーやバーベキューなどの楽しいレクリエーションも。宿泊先であるAJリゾートアイランド伊計島には、専用プールやテニスコートも完備されており、優雅なリゾート気分を味わえますよ!

参加した生徒の感想

「普通の学校に入っていたらできないことが体験出来ました。授業も先生も面白かった。映像の授業を受けるだけだと、友だちと雑談とかできないので参加して良かった」

2016年のプレミアムスクーリングの詳しい内容はこちら(N高等学校、半年間の成果を発表~スクーリング・部活編

 

KTCおおぞら高等学院

選択コースに関わらず、KTCおおぞら高等学院の生徒全員が必ず参加するのが、年に1度、鹿児島県の屋久島で行われる「屋久島スクーリング」。チームビルディングや自然体験、自分自身と向き合う問題解決実習など、さまざまなプログラムを通し、生徒ひとりひとりの「生きる力」を育てます。

 

クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校で人気なのが、「北海道体験学習」です。日本最大級の宿泊研修施設「北の大地 元気の泉キャンパス」では、本格的なスポーツ施設や実習施設を完備し、夏は農業体験やラフティング、冬は近くのスキー場でスキーやスノーボードの体験ができます。他にも間伐体験や沢登りなど、都会では経験できないプログラムがたくさん。収穫した野菜でオリジナルのポテトチップスやカレー、ジュースも作っているそう!

 

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校で人気の「沖縄スクーリング」。宿泊施設は沖縄県本島にある日本有数のリゾートホテル、カヌチャリゾートです。教科の授業もしっかり受けつつ、勉強のあとは友達と海や水族館で素敵な思い出作りができますよ。

 

高野山高等学校

高野山高等学校の広域通信制課程「マイウェイコース」では、1年に1回、3~5日間の集中スクーリングを行っています。場所は、世界遺産にも登録されている高野山。遠方からの参加者は高野山内の宿坊に泊まることができ、精進料理を味わったり、写経、阿字観などの体験をすることもできます。保護者同伴もOKなので、「一人で参加するのは不安」という人にもオススメです。

 

まとめ

行く前はちょっぴり気が重い集中スクーリングですが、実際に参加した生徒の感想はどれも「楽しかった」「参加してよかった」といった前向きなものばかり。「コミュニケーションが苦手…」という人も、集中スクーリングで新しい自分を発見できるかもしれません。スクーリングの内容は学校によって全く違いますから、入学を検討する前に必ずチェックしてみてくださいね。

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!