中卒から公務員を目指そう

中卒のままでは不安定な職しかなく、選択肢も狭いのが現状です。実は中卒でも安定した職である公務員を目指すことができるのです。ただ条件や難易度は決して簡単ではありません。今回は中卒から公務員を目指すにはどうすれば良いのか、どのような職種があるのかについて紹介します。

中卒から公務員を目指そう

中卒でも公務員を目指すことができます

中卒では一般的に民間企業に就職することを考える人が多いと思いますが、実は民間企業の就職にも難しい問題が立ちはだかっています。まずはそもそも「仕事がない」ということ。今では中卒の求人は、募集自体がとても少なくなっています。また、就職しても「出世しにくい」ため、「生涯年収が低くなってしまう」という問題もあります。

このように選択肢が狭まってしまう中卒の就職の現状がありますが、どうしたら良いのでしょうか。(詳しくは『「最終学歴・中卒」のデメリット』を参考にしてください。)

公務員は民間企業に比べておおむね給与水準が高く、福利厚生がしっかりしているなど安定した待遇を得ることができるとされています。また、役所での勤務や警察官、消防士など社会全体のために仕事をする職業なので、社会貢献をしているという実感が得られ、やりがいを持って働くことができます。

大卒や高卒の人にとっても大人気の公務員ですが、実は中卒でも公務員試験を受けることができます。試験に合格すれば公務員として仕事をすることができるのです。

 

中卒で受験できる公務員試験

では、中卒でも受験できる公務員試験にはどのようなものがあるのでしょうか。受験資格と年齢制限とあわせて見ていきましょう。

中卒でも受験できる公務員試験にはどんなものがある?まずは、公務員試験の受験自体に学歴に関して基準が設けてあるものは一部の職種に限られます。多くの職種は、機会を平等にするために学歴での受験基準は設けていないのです。そのぶん、年齢制限があるのが特徴です。また、高校や大学の新卒者以外の「社会人」の枠(以下の職種のほとんどが当てはまります)は常時募集しているのではなく、募集がある場合のみ採用を行う方式になっています。

前提として、公務員には「国家公務員」「地方公務員」があります。「国家公務員」は財務省や外務省などの国家機関やその出先機関で働く人のことを指します。「地方公務員」は東京都や横浜市など都道府県や区市町村で働きます。ですので、「公務員」と聞いてイメージしやすい役所の窓口の人は「地方公務員」ということになります。

  • 国家公務員 一般職 (20歳〜39歳)
    定型的な業務(事務など)を行います。
  • 国家公務員 裁判所職員 一般職 (20歳〜39歳)
    定型的な業務(事務など)を行います。
  • 地方公務員 事務系 初級 (17歳〜20歳)
    定型的な業務(事務など)を行います。
  • 地方公務員 技術系 初級 (17歳〜20歳)
    専門的技能を生かして公のために仕事をします。
  • 警察官(高卒程度) (17歳〜28,9歳 ※年齢上限は自治体による)
  • 消防官(高卒程度) (17歳〜 ※年齢上限は自治体による)
  • 自衛官(自衛隊) 一般曹候補生、自衛官候補生 (18歳〜27歳)

公務員試験を受ける際には前述したように学歴は関係ありませんが、試験の「程度」が異なります。「程度」とは、試験によって「上級」「中級」「初級」に分けられており(「1類」「2類」「3類」の場合もあり)、それぞれ「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」を意味しています。

「高卒程度」といっても高校を卒業する見込み、もしくは高校を卒業している必要はありません。あくまで試験内容が高校で学ぶ程度の内容となっているためにそういう呼び方をしているにすぎません。年齢要件さえ満たしていれば受験できるところがほとんどです。

 

公務員試験の内容は?

公務員試験はどういう内容なのでしょうか。中卒でも受験できる「国家公務員 一般職(事務)」を例にしてみると

【一次試験】

  • 基礎能力試験(択一式)
  • 適性試験(択一式)
  • 作文試験

 【二次試験】※一次合格者のみ

  • 人物試験(個別試験)

となっています。

この「基礎能力試験」が意外とハードルが高く、「高校卒業程度」の難易度とはいえ、英国数理社の学力が問われる内容となっているので、事前の試験対策は簡単ではありません。

「適正試験」は事務職の場合、文書の作成や整理などの事務処理能力の適正があるかどうかを見極めるための試験です。適正試験専門の参考書なども売っていますので書店などで探してみると良いでしょう。

「作文試験」では時事ネタなどに対して自分の考え方を問われるような内容の作文を制限時間内に600文字程度で書きます。

二次試験の「人物試験」は面接です。一般企業の面接と同じく、志望動機や学生時代に取り組んだことなどを聞かれるケースが多いです。

その他の公務員試験でも「基礎能力試験」と面接や作文などがあるのが一般的です。警察官や消防官であれば体力試験や身体検査もあります。難関大学卒業者でもなかなか試験に合格できないという場合もあり、公務員試験専門の予備校に通う人も多くいます。特に、最近では面接重視・人物重視になっている傾向もあるようです。

このように、中卒でも受験できるとはいえ、合格は決してラクではない公務員ですが、消防士や自衛官など身体を張ったり生命の危険があるものなど内容的に厳しい職種が多く、また現場職なので最終的には大卒の人と比較して出世もしにくいというデメリットもあります。

 

まとめ

安定した職として人気の公務員試験は、実は中卒でも受けられます。
難易度は低いとは言えませんが、高校に進学しなかったり、高校を中退してしまって後悔している人にとっては、学歴に関係なく安定した職につけるチャンスです。ぜひ一度選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!