2024年4月、東京都足立区に不登校特例校『東京みらい中学校』が開校

学校法人 三幸学園(所在地:東京都文京区、理事長:昼間一彦)は、2024年4月に東京都足立区(五反野駅徒歩6分)に三幸学園初の義務教育である中学校(不登校特例校)を開校します。

2024年4月、東京都足立区に不登校特例校『東京みらい中学校』が開校

東京みらい中学校について

「東京みらい中学校」は、文部科学省及び東京都より2023年8月10日に不登校特例校としての中学校の設置認可が下り、三幸学園初の中学校として設立されます。

東京みらい中学校

不登校特例校とは

不登校特例校とは、学習指導要領の内容などにとらわれずに不登校の状態にある児童生徒の実態に配慮した特別な教育課程を編成し、実施している学校です。

文部科学大臣が指定する学校で、正式名称は「不登校児童生徒を対象とする特別の教育課程を編成して教育を実施する学校」です。

東京みらい中学校では、学校内外でのさまざまな体験活動や、不登校経験のある先輩などとの交流を通して、キャリア形成や社会性を育む「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」と、個々で学習予定を立て、振り返りをすることで自律性を磨く「マイタイム」という特色のある授業カリキュラムを編成。

既存教育課程では十分に履修できない生徒に対し、特例校制度を活用した義務教育の学びの場を創設し、フリースクールなどの民間団体との連携も推進していきます。

校舎は、東武鉄道「五反野駅」から近い好立地で、ピロティやライブラリーラウンジ、オープンスペースなど学校生活を彩る施設が充実しており、多彩な学びのニーズに対応しています。

東京みらい中学校について

東京みらい中学校は、社会の困難を希望に変えるべく、「好奇心を持って進んで学び、自ら考え、自ら行動することで社会に貢献する資質を持った人財の育成」に取り組み、特色あるカリキュラムや教育環境を通じて生徒たちの「生きる力」を育みます。

学校の詳細やオープンキャンパス・個別相談会については、東京みらい中学校ホームページにてご確認ください。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!