ルネサンス高校がeスポーツ&プログラミング教室「ルネ中等部」を2020年10月に開校

広域通信制・単位制のルネサンス高等学校グループは、中学生を対象としたeスポーツ&プログラミング教室の「ルネ中等部」を2020年10月に梅田eスポーツキャンパスおよび新宿代々木キャンパスで新たに開校します。

ルネサンス高校がeスポーツ&プログラミング教室「ルネ中等部」を2020年10月に開校

 

早いうちから学びたいという要望に応えての中等部開講

2018年4月に日本初の高等学校によるeスポーツコースをグループ3校で開講したルネサンス高校。初年度から大きな反響を呼んでいた同コースですが、2020年4月には入学生徒数が過去最多となるなど、人気を集めていました。

しかし、中学生やその保護者からは、早いうちから通いたいという要望が多かったため、中等部を開講することになりました。

「ルネ中等部」は、中学生向けのeスポーツ&プログラミング教室で、実技指導に加えeスポーツコースの中で特に中学生にもニーズの高いプログラミングとeスポーツに必要な基本概念を学ぶことができるカリキュラムが用意されています。

 

ルネサンス高校で指導実績のフル講師が指導を担当

eスポーツの指導は、ただゲームの実技を重ねて実戦成績を上げるだけでは成り立ちません。問題解決能力やコミュニケーション力、チームワークの形成など実際に社会に出ても必要とされる能力の醸成が不可欠となります。「ルネ中等部」では当校eスポーツコースで実績のある講師が指導を担当し、eスポーツの実技指導に加えて、eスポーツを学習ツールとしてとらえ、生徒にそれらのeスポーツに必要な基本概念(論理的思考、問題解決能力、コミュニケーション能力、チームワークの形成、メンタル強化)を習得させることを目指します。

学習指導要領の改訂により、小学校から高等学校までの学校教育の課程全体でプログラミングの学習が必修化され(高等学校での実施は2022年)、生徒がプログラミングに触れる機会が増えています。実際のプログラミングで必要とされるのは、パソコン上で表示されたものを制作したり動かしたりすることだけでなく、現実に重さや高さ、動力のあるものを起動させようとする物理的思考です。「ルネ中等部」では東京大学のSTEAM教育に関する研究を支援しているMakeblock※と提携し、さらにルネサンス高等学校グループの学習指導のノウハウを活かして、これからのプログラミング学習に必要な「プログラミングを制御し物理的な動きを実現する、ロボットプログラミング」、「デジタル設計による創造力を身に着けることができる、デジタルファブリケーション」の2つの全く新しいカリキュラムを学ぶことができます。

(デジタルファブリケーションカリキュラム:2020年12月開始予定)

※ Makeblockは2013年に設立された、世界140ヶ国以上で事業を展開するSTEAM教育ソリューションプロバイダーです。Makeblockは、学校、教育機関、家族向けのSTEAM教育およびエンターテインメント市場を対象として、技術と教育の高度な統合を実現することを目的として、包括的なハードウェア、ソフトウェア、コンテンツソリューション、および一流のロボット競技を提供しています。

 

■「ルネ中等部」概要

対象  : 中学1年生~3年生

内容  : eスポーツ実技指導、eスポーツに必要な基本概念の習得、プログラミング

採用するプログラミングMakeblockは世界大会も開催されており、世界大会への参加も目指します

場所  : 梅田eスポーツキャンパス、新宿代々木キャンパス

開校日 : 2020年10月1日

募集開始: 2020年7月10日 (8月に体験会・説明会を予定。定員になり次第募集終了。)

 

「ルネサンス高校」とは

2006年に開校し、茨城県大子町に本校がある広域通信制・単位制高校です。スマートフォン・タブレット端末やパソコンなどで学ぶ新しいタイプの通信制高校で、独自のオンライン学習ツールを開発し、時間と場所にとらわれることなく学習を進められます。

ルネサンス高等学校について詳しくはこちら

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!