通信制高校から専門学校に進学するメリットとは?

通信制へ通う高校生の4人に1人は専門学校へ進学していることを知っていますか?この記事では、通信制高校から専門学校へ進学するメリットや方法について解説しています。将来の夢実現へ向けて、「専門学校で勉強したい」と考えている人は必見です!

通信制高校から専門学校に進学するメリットとは?

専門学校とは? 学べる8つの分野

専門学校とは、高卒以上が入学資格となる「専修学校専門課程」のこと。大学とは異なり、少人数制の授業でより実践的な授業を行うのが特徴です。実習中心のカリキュラムなので、卒業後すぐに即戦力として活躍することができます。専門分野に特化しているため、その職業に必要な資格取得や、就職活動へのサポートも充実しています。

【専門学校で学べる8分野】

工業分野情報処理、自動車整備、土木・建築、電気・電子工学など
農業分野農業、園芸、畜産、バイオテクノロジーなど
医療分野看護、理学・作業療法、柔道整復、歯科衛生、歯科技工など
衛生分野美容、理容、調理、製菓・製パン、栄養など
教育・社会福祉分野介護福祉、保育、社会福祉、幼児教育など
商業実務分野経理・簿記、秘書、経営、観光・ホテル、医療事務など
服飾家政分野和洋裁、服飾、ファッションビジネスなど
文化教養分野デザイン、音楽、美術、法律行政、スポーツ、演劇・映画、外国語、通訳・翻訳など

通信制高校から専門学校への進学率が高い理由!

文部科学省が発表している令和元年度のデータによると、通信制高校から専門学校への進学率は23.3%。およそ4人に1人が専門学校へ進学していることになります。

なぜ通信制高校から専門学校への進学率はこんなにも高いのでしょうか?

【理由その1】さまざまな専門分野を学べる「専門コース」がある

通信制高校の大きな特徴のひとつに、全日制高校にはない「専門コース」があることが挙げられます。ヘアメイク、ネイル、調理、保育、看護、福祉、服飾デザイン、プログラミング…など、将来の夢に直結した幅広いコースが用意されており、高校在学中から専門分野の知識を深めることができるのです。

【理由その2】専門学校と連携している通信制高校がある

通信制高校の中には、専門学校と提携していたり、専門学校が運営母体になっている学校が数多くあります。専門的な授業を受けられるのはもちろん、専門学校の本格的な設備を利用できるといったメリットも。提携する専門学校の推薦を受けられたり、学費や入学金が一部免除になるケースもあります。

【理由その3】一人一人に合わせたきめ細やかな進路指導

「マンツーマン指導」や「少人数制」を取り入れ、生徒一人一人に合わせた指導を行えるのが通信制高校の強みです。それは進路指導でも同じこと。対面での個別相談はもちろん、オンラインツールを使って生徒と密にやりとりする学校も増えています。受験対策からメンタルサポートまで全面的にフォローしてくれます。

専門学校を目指すのにオススメの通信制高校・サポート校

ルネサンス高等学校

東京(代々木)・愛知・大阪ほか、全国の主要都市にキャンパスを持つルネサンス高等学校。通常の学習カリキュラムに加え、専門分野について深く学べる「ダブルスクールコース」を設置。美容師養成コースは「ハリウッド美容専門学校」 と提携しています。多くの専門学校の指定校推薦枠を持っており、高い合格実績を誇ります。

ルネサンス高等学校について詳しくはこちら

中央高等学院

中央高等学院

中央高等学院は、中央国際高等学校の指定サポート校です。首都圏を中心に7カ所にキャンパスがあり、自分の通いやすいキャンパスで学ぶことができます。授業は少人数のクラスで行っており、一人一人に合わせた指導をしてくれる点も人気の理由です。大学や短大、専門学校など、個々の希望に合わせた進路指導を行い、全員合格を目標にバックアップします。

中央高等学院について詳しくはこちら

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校

全国約60校の大学と専門学校を運営する「三幸学園」が母体となる飛鳥未来高等学校。在学中は、姉妹専門学校の施設を利用することもできます。「美容師免許取得コース」ではビューティーアート専門学校に通いながら高校卒業と同時に美容師免許を取得することも可能。姉妹校には優先的に進学することができ、専門学校入学の際には「選考料2万円+授業料10万円」が免除になる制度も!

飛鳥未来高等学校について詳しくはこちら

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!