ICTを活用している通信制高校・サポート校

普段の授業やコミュニケーションの手段として「Zoom」や「Slack」といったICTツールを活用する通信制高校が増えています。このページではICTをフル活用し、「ICT教育」に力を入れている通信制高校・サポート校について紹介しています。

ICTを活用している通信制高校・サポート校

目覚ましい進化を遂げる“ICT教育”とは?

「ICT」って一体なんのこと?

小学校では2020年度から、中学校では2021年度からプログラミング教育の必修化が始まりました。そして高校では、2022年4月からプログラミングを学ぶ「情報Ⅰ」が必修化されます。そんななかで最近よく耳にするのが「ICT」という言葉。ICTとは「Information and Communication Technology」(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略称で、「情報通信技術」という意味。メールやチャット、SNS、ネット検索などの通信技術を使い、人とインターネット、人と人がつながる技術のことを指します。

コロナ禍で加速!教育のICT化

新型コロナウイルスの影響により、家にいながら遠く離れた人と連絡を取る手段として「Zoom」や「Skype」、「LINE」などのICTツールを活用する人が急増しました。そんな中、コロナ以前から叫ばれていたのが「教育のICT化」です。例えば、オンライン授業を行なったり、インターネットを使って調べ学習をしたり、タブレット上で発言したり……ICTツールを活用すれば、これまでは実現できなかったさまざまな授業が可能になります。文部科学省では2019年12月に“1人1台端末”を目標とした「GIGAスクール構想」を提言し、学校のICT化を推進してきました。2021年3月末には小中学校での“1人1台端末”の整備がほぼ完了。“withコロナ時代”に突入し、教育現場のICT化はさらに加速していくでしょう。
文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた『未来の学びコンソーシアム』や、日本マイクロソフトを中心としたIT機器、ITサービス企業からなる『ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム』も、国内のICT教育を推進しています。

ICT教育のメリットとは?

ワクワクする授業が増える!

動画コンテンツやアニメーションなどを活用することで、授業の幅が広がります。教科書とノートの代わりに、パソコンやタブレットを使うことで、生徒の興味関心を高めることができます。

時間を有効活用できる

板書をノートに書き写す必要がなくなるため、これまでの一方的な授業がなくなります。先生と生徒、先生と保護者間でも情報の共有ができるため、家庭学習にも役立ちます。

ICTツールに慣れることができる

いまやビジネスシーンでも日常的に使用されているICTツール。学校でICTの基礎スキルを養うことで、社会に出てから慌てて習得する必要がなくなります。

ICTを活用している通信制高校・サポート校

中央高等学院

中央高等学院

中央高等学院は、中央国際高等学校の指定サポート校です。首都圏を中心に7カ所にキャンパスがあり、自分の通いやすいキャンパスで学ぶことができます。中央高等学院では、入学時からひとり一台専用PCを所有。学校内のコミュニケーションツールとして「Google Workspace」を活用しています。令和4年度から必須科目となる「情報I」を令和3年度から先行実施するなど、ICT教育に積極的に取り組んでいます。

中央高等学院について詳しくはこちら

ルネサンス高等学校

東京(代々木)・愛知・大阪ほか、全国の主要都市にキャンパスを持つルネサンス高等学校は、最先端のネット学習を導入し、いつでもどこでも効率的に学べるのが魅力。レポートの提出はタブレット・スマートフォン・パソコンでOK。「NHK高校講座」や「スタディサプリ」などのデジタル教材を積極的に取り入れ、楽しくわかりやすく学べます。

ルネサンス高等学校について詳しくはこちら

英風高等学校

英風高等学校

英風高等学校は、大阪府認可の通信制女子校です。独自開発した学習管理システム「e-Portal(イーポータル)」を活用し、タブレットひとつでレポート提出や学習管理を行なえます。スクーリングの予約もタブレット上で完結!単位の修得状況や、学校からのメッセージも確認でき、いつでもどこでも学習を進められます。

英風高等学校について詳しくはこちら

ID学園高校

創立130年の歴史を誇る郁文館夢学園が2020年4月に開校した通信制高校です。ID学園高校ではオンライン授業やホームルームなどのコミュニケーションツールとして、「Zoom」や「Slack」などの各種ツールやアプリケーションを活用しています。また、郁文館のためだけに特別に作られたICTツール「News picks」を利用し、双方向型の学び環境を整備しているのも特徴です。

ID学園高等学校について詳しくはこちら

第一学院高等学校

全国の主要都市を中心に約50のキャンパスを展開する第一学院では、生徒の「学習意欲の向上」と「学力の定着」を目的に、2016年度からICT教育を本格的に推進しています。一人一台のタブレット端末はもちろん、オリジナルの学習管理システム「SchoolCity」によりアプリを使って楽しく授業に参加できます。日本全国をリアルタイムでつないだライブ配信授業など、生徒の主体的な学びの意欲を育んでいます。

クラーク記念国際高等学校

北海道から沖縄まで全国に拠点を持つクラーク記念国際高等学校では、2018年度より1人1台ずつiPadを導入。クラーク独自の学習支援システムにより、一人ひとりのニーズに合わせたサポートを行っています。2021年4月にはオンライン教育と対面教育を融合させた「CLARK SMART」がスタート。これからの社会で必要な“21世紀型の力”を、ネットとリアル双方向の学びで育みます。

N高等学校

ニコニコ動画などを運営するドワンゴと大手出版社KADOKAWAが創立したN高等学校(N高)。N高では、学校や担任との連絡・部活・友達とのコミュニケーションツールとして「Slack」などのツールを積極的に活用しています。ビジネスシーンで利用する可能性の高いツールを経験しておくことで、高校生のうちに“ICTリテラシー”を高めることができます。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!