発達障害でも安心して通える通信制高校

発達障害のある中学生やその家族で、高校進学に大きな不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。通信制高校なら、専門家のサポートを受けながら無理せず通える高校がたくさんあります。このページでは、発達障害へのサポートが充実している通信制高校を紹介しています。

発達障害でも安心して通える通信制高校

発達障害とは?

 

発達障害の人数は増加している?

文部科学省が2012年に行った「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」によると、「発達障害の可能性がある」とされた児童生徒は全体の約6.5%。これは、1クラスに約2人の割合です。

この数値の増加は、発達障害児自体の数が増えたのではなく、発達障害の診断基準が普及したことで、発達障害と診断される子どもの数が増えたのだと解釈する見方もあります。しかしいずれにせよ、「発達障害」という言葉が以前よりも身近になったのは事実です。

 

発達障害の症状は一人ひとり異なる

ひとくちに発達障害といっても、実は色々な種類があります。大きくは、「自閉症スペクトラム(ASD)」「注意欠陥多動性障害(ADHD)」「学習障害(LD)」の3つに分けられますが、症状の現れ方は人によってさまざま。二人として同じ症状を抱える人はいないと言われています。また、「あなたはASD、きみはLD」といったように、はっきりと1つの症状に特定できるものではなく、複数の症状が重なって現れるのもよくあること。そのため、個々に合わせた教育を受けるには、きめこまやかなサポートが必要となるのです。

※発達障害についてのさらに詳しい内容はこちら

発達障害にはどんな種類がある?それぞれの症状は?

 

発達障害でも安心して通うなら通信制高校がオススメ

発達障害を抱える中学生やその家族の前にたちはだかるのが、「高校進学」という大きな壁です。勉強についていく自信がない人や、勉強は好きだけどコミュニケーションに自信がない人、学校という場所が好きではないという人は、ぜひ通信制高校を検討してみてください。

通信制高校なら毎日学校に通う必要もなく、少人数制や個別指導で日々の学習をきちんとサポートしてくれます。ほとんどの学校が単位制なので留年する心配もなく、自分のペースで勉強をすすめながら無理なく高校卒業を目指すことが可能です。

 

通信制高校を選ぶ際の3つのポイント

では、発達障害の生徒が通信制高校を選ぶとき、具体的にどんな点に注意して高校を選べばいいのでしょうか。ポイントはこの3点です。

 

【ポイント1】個別対応など、発達障害に対して理解があるか

個別指導や少人数制指導など、個々に合わせた授業方式を取り入れている通信制高校はたくさんありますが、発達障害の生徒に個別に対応してくれるかどうかはまた別の話です。特別支援コースなど、発達障害の生徒を対象にしたコースを設けている高校もありますから、実際の学習環境について具体的な内容を問い合わせてみましょう。

 

【ポイント2】専門知識を持ったカウンセラーが常駐しているかどうか

引きこもりや不登校の生徒も多く受け入れている通信制高校では、生徒のメンタルサポートに力を入れている学校がたくさんあります。選ぶなら、発達障害の専門知識をもったカウンセラーが配置されている・カウンセラーが常駐している・教師自身がカウンセラーの資格を有している学校などが安心でしょう。

 

【ポイント3】コミュニケーション能力や社会性を学べるか

通常の授業のほかに、コミュニケーション能力や社会性などを身につけられる「ソーシャルスキルトレーニング(SST)」などの授業を行っているかどうかもチェックしてみましょう。また、就労観の育成など、将来を見据えた訓練を受けられるかも重要です。

 

発達障害でも安心して通える通信制高校・サポート校

 

明蓬館高等学校

明蓬館高校は、心理検査や面談などを通して一人ひとりの障害特性を見極め、それぞれの発達に合わせた指導計画や支援計画を立ててくれます。支援員や相談員も常駐しており、学習面を中心に人間関係の構築や就労観の習得をサポート。また、成績もテストの結果だけで判断されることはなく、学習成果物(ポートフォリオ)での評価を積極的に取り入れています。

 

鹿島学園高等学校

学校法人鹿島学園 鹿島学園高等学校全国に130カ所以上の拠点を持つ鹿島学園高等学校には、発達障害に対応したキャンパスがたくさんあります。なかでも、「レッグキャンパス」はさまざまな障害を抱える生徒をサポートしてくれる発達障害サポートキャンパスです。学習塾や予備校、フリースクールに併設されおり、全国に拠点があるため自宅から通いやすいのも魅力。担任は発達障害の知識を有する教師が受け持ち、学習を通じて「自立」を促します。大学進学の実績も多く、「大学に進みたい!」と考えている人にもお勧めです。

鹿島学園高等学校について詳しくはこちら

 

星槎国際高等学校

星槎国際高等学校では、「個性を尊重する」「仲間はずれを作らない」という考えのもと、障害を持った生徒もそうでない生徒も区別をしない“インクルージョン教育”を行っています。また、SSTにも力を入れており、コミュニケーション能力や生活習慣の確立など、社会で必要な能力を身につけることができます。

 

KTCおおぞら高等学院

KTCおおぞら高等学院では、軽度発達障害・LD・ADHD・高機能自閉・アスペルガー・うつなどとの診断を受けた生徒を「ST(スペシャルタレント)」と呼んでおり、発達障害を持つ生徒への個別対応を行っています。スタッフ全員がメンタルサポート研修を受けており、生徒一人一人の相談に乗ってくれるのも心強いですよね。また、家族支援カウンセラーが常駐しており、生徒だけでなく保護者のフォローも行ってくれます。

 

まとめ

発達障害のために、今の学校でつらい思いをしていたり、居心地の悪さを感じている人は、高校進学に対してもナーバスになっているのではないでしょうか?しかし、発達障害への理解がある通信制高校を選べば、ストレスのない楽しい高校生活を送れるかもしれません。気になる高校があったら、実際にどのようなサポートが受けられるのか直接問い合わせてみましょう。

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!