鹿島学園高等学校 通信制課程 2017年度(平成29年度)入学式

4月24日(月)、鹿島学園高等学校 通信制課程(本校:茨城県鹿嶋市)の入学式が東京都内で行われました。式典では学校関係者による祝辞に加え、提携校である音楽学校メーザー・ハウス高等部の在校生バンドが生演奏を行い、新入生らの入学を祝いました。

鹿島学園高等学校 通信制課程 2017年度(平成29年度)入学式

東京近郊エリアの複数キャンパス合同で行なわれた盛大な入学式

 

式典には各キャンパスの新入生155名とその保護者あわせて約300名が出席

入学式には、日本各地に300カ所以上もある鹿島学園高等学校のキャンパスの中で、東京近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)の各キャンパスに通うこととなる新入生155名とその保護者、あわせて約300名が出席。

石塚孝男校長の式辞校長式辞では、石塚孝男校長のメッセージが代理の先生によって読み上げられました。石塚校長は、作家・司馬遼太郎氏によるエッセイ「21世紀に生きる君たちへ」から「日本人の優れた特性である共感性を伸ばすこと」「自己の確立が大事。自分に厳しく、相手には優しく」といった一節を引用。「共感性を高め、理解する能力を持つことで世界と渡り合える。自分自身を見つめ、しっかりすることで他人から頼られる存在になれる。」とし、新たな世代を担う新入生たちの未来に期待を寄せました。そして、これから始まる学校生活では、幅広い分野の友達を作り、本をたくさん読んでほしいとし、「すばらしい高校生活がその後の人生の基礎となることを願っています。」と挨拶の言葉を締めくくりました。

大森伸一理事長の祝辞続いて登壇した大森伸一理事長は祝辞の中で、アップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏の言葉「Stay hungry. Stay foolish.(常に貪欲であれ、常に愚直であれ)」を紹介。「人間というのは満たされてしまうとそれ以上の成長がなくなってしまうので、常に前向きに努力をすることが重要です。豊かで実り多き日々を送ってください。」と新入生にエールを送りました。

 

また、全国に300か所以上のキャンバスがあるのも同校の特長のひとつですが、式典には東京、神奈川、千葉、埼玉にある各キャンパスの先生方も列席。教員紹介で登壇した先生方は「皆さんの3年間を精一杯サポートします。」「一緒に楽しい学校生活の思い出を作りましょう。」とそれぞれ挨拶し、新入生たちの入学を温かく歓迎していました。

 

提携校であるメーザー・ハウス高等部の在校生が演奏で新入生を歓迎!

在校生バンドによる演奏入学式では第2部の「歓迎行事」として、提携校である音楽学校メーザー・ハウス高等部の在校生が生演奏を披露。2年生・3年生の5人で構成された在校生バンドのメンバーたちは、「歌うのが大好き」「ステージでの経験を積みたい」ということから今回の出演を希望したそうです。バンドメンバーの中には、昨年度の同校入学式に新入生として出席した生徒さんも。この生徒さんはメーザー・ハウスに入学してから楽器の勉強を始めたそうで、「あの時は、まさか自分がこのステージに上がって演奏することになるとは思わなかった」と昨年の歓迎行事での演奏を振り返り、感慨深げに語ってくれました。

在校生バンドによる演奏演奏前にお話を伺った際には「とても緊張しています。」と話していたバンドメンバーの皆さんでしたが、いざステージに上がるとまったく動揺や不安を感じさせない堂々とした演奏ぶり。新入生や保護者の方々も楽曲に合わせて手拍子をしたりと、式典第一部の厳かな雰囲気から一転、和やかで明るいヒットナンバーで会場を盛り上げました。楽しそうに演奏している先輩たちの姿からは充実した学校生活を送っている様子が伺え、新入生の皆さんを大きく勇気付けたことでしょう。

 

 

鹿島学園高等学校 通信制課程とは

鹿島学園高等学校は、全国どこからでも入学できる広域通信制高校です。興味や将来やりたいことに応じて授業を選択できるオプションコースが「大学進学コース」「アニメ・マンガ・声優コース」「音楽コース」「スポーツコース」「ITコース」「海外留学コース」など全部で14種類もあり、とても充実しているのが特長です。

基本は週1日~5日間、全国各地のキャンパスから自分が通いやすい場所を選択し、そこに通学して学びますが、ネットを使って学習を進める「ネット指導制」もあります。キャンバスは、新宿、池袋、名古屋、梅田など全国300か所以上に用意されています。

鹿島学園高等学校について詳しくはこちら

「音楽学校メーザー・ハウス高等部」とは

東京・目黒区にある音楽学校メーザー・ハウス高等部は、音楽を学ぶことに特化した通信制高校サポート校です。ヴォーカルやシンガーソングライター、ギター、ベース、ドラム、パーカッションなどの楽器、さらにDTM作曲、DJ、PA音響レコーディング、照明まで幅広い実技を基礎からしっかり身につけることができます。スタジオ設備を開放し、すぐに練習できる環境を整えながら、少人数制のレッスンや、校内にあるライブハウスで定期的にライブイベントを開催しながら実践を重ね、プロになるための実力を育てていきます。学習面は、伝統と実績のある鹿島学園高等学校がサポート。レポート作成、単位認定テスト、スクーリングにより、無理なく音楽と学習を両立させながら、全日制と同等の卒業資格を取得することができます。

レポート作成や単位認定テスト、スクーリングなど、高校卒業資格に必要な学習面は、鹿島学園高等学校がサポートしています。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!