大学進学、就職…高卒認定取得で将来の可能性が広がる!

高卒認定試験を受けて合格すると、一度学校を辞めてしまったり、進学をあきらめたりしていても、大学進学・就職・資格取得などもう一度やり直して新たな道を開くことができます。では高卒認定を取ると具体的にどんなことが可能になるのか紹介していきます。

大学進学、就職…高卒認定取得すれば将来の可能性が広がる!

高卒認定資格を取得すると拓ける4つの進路

 

(1)大学へ進学

高卒認定資格を取得すれば、なんと中学校しか卒業していなかったとしても大学を受験することができます。東大でも早稲田でも、あの有名大学でも、受験する資格はみんな一緒です。短大・四年制や、私立・国公立問わず、行きたい大学や入りたい大学など自由に受験することができます。高卒認定試験を受ける人の実に7割が大学受験を希望しているとも言われています。

受験方法として、高卒認定試験合格者では主に一般入試が考えられます。一般入試とは通常の学力試験で行う入学試験のことです。また大学によってはAO入試(アドミッション・オフィス入試)を行っているところもあります。AO入試ではどちらかというと学力よりもその学問への興味関心や、その学部で学ぶ上での資質をはかる入試方式になっています。

大学卒業後には「大卒」の新卒としての就職をすることが可能であり、高卒よりもまたワンランク上の大企業に応募することができたり、待遇や業務内容が違ったりします。大卒での新入社員は幹部クラス候補になることが多いので、将来的な出世や生涯年収なども期待できるようになります。また、大学院などに進学してより学問を深めたり、研究者や教授等の道へ進むことも可能になります。

大学進学については、こちらの記事(大学ってどうやって選べばいいの?自分に合った大学の選び方)でも詳しく解説しています。

 

(2)専門学校へ進学

専門学校に進学するのも選択肢の一つです。進学後は就職に直結しやすい専門的な技能を身につけたり、資格取得のための勉強を集中して行なうことができます。

 

(3)資格取得

高卒資格を取ると受験できる資格と仕事内容のうち、ここでは一例を紹介します。資格によっては、試験を受ける前に専門の学校や通信教育で2〜3年学んでおく必要があるものもあります。

国家資格

宅建主任者

正式には宅地建物取引士といって、不動産などの業務を行うには必ず一人以上は置かなければなりません。そのため、不動産業界に就職したり、独立するには必須の資格になります。持っていれば有利になるのは間違いないでしょう。

通関士

輸出入を行うときの、国際物流に関する正しい手続きを行うための資格です。就職先は流通業・貿易会社・メーカーなど多岐にわたります。

行政書士

官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成を行う専門職で、持っていれば安定した仕事が可能です。事務所を立ち上げ独立することもできます。かなりレベルの高い資格ですが、実は高卒でも受験することができます。

ITパスポート

国家資格である情報処理技術者試験のひとつで、ITに関する幅広い技能や知識が問われます。この資格を持っていることでIT企業やIT関連職就職に有利になります。

保育士

保育所などで子どもの保育を行う場合に必要な資格です。人材不足が深刻な保育士なので、資格を持っていれば就職も比較的すんなりいくかもしれません。

 

民間資格

簿記

企業のお金やモノの出入りを記録するための資格。事務職などではかなり重宝される資格といえます。

医療事務

病院などで医療費などに関わる事務作業を行う職種です。資格としては絶対に必要なものではありませんが、現在医療事務は大変人気の職種なので、資格を持つ人から採用していく傾向にあります。

 

(4)就職

高卒認定資格を取得すると、中卒ではなく、高卒の求人に応募できる場合があります。

その場合には圧倒的に対象となる求人の数が増え、母数が多いのでその中には様々な職種があり、正社員の募集も多くあります。生涯年収を見ても圧倒的に中卒よりも高卒のほうが高くなります(詳しくは(「最終学歴・中卒」のデメリットを参考にしてください)。

 

高卒認定試験を合格した人のその後の進路は?

高卒認定試験を合格した人のその後の進路は?

文部科学省の「平成25年高等学校卒業程度認定試験合格者の進路状況に関する調査の結果について」によると、受験理由の上位には

大学を受験するため … 53.8%
高等学校卒業程度の資格が欲しかったため … 39.9%
専門学校へ進学するため … 23.2%
就職のため … 19.6%
資格試験の受験資格を得るため … 10.3%

などがあります。

実際の進路としては人数が多い順に

大学に入学 … 24.9%
来年の大学・短大・専門学校などの受験を準備 … 23.4%
専門学校に入学 … 15.3%
就職 … 8.9%
短大に入学 … 4.6%

になっています。

圧倒的に進学をするために高卒認定試験を受ける人が多いと言って良いでしょう。そのため、実際には高卒ではなく専門学校・短大卒や大卒での就職を最終的に目指すというのが人気になっています。

高卒認定合格後の進路(全体)高卒認定合格後の進路(全体)

文部科学省「高等学校卒業程度認定試験合格者の進路状況に関する調査結果」より)

 

まとめ

高卒認定試験を受けて合格すると、進学・就職ともに大きく幅が広がるといって良いでしょう。特に進学では、中学校卒業では全く受けることのできなかった高等教育機関(専門学校・短大・大学)を受験することができるので、一気に学歴を高くすることが可能です。

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!