高卒認定試験合格の強い味方!高卒認定予備校とは?

高卒認定試験を受けようと思った時に、ネットで検索すると最初に出てくるのが「高卒認定予備校」だと思います。高卒認定を取得するまでのトータルサポートをしてくれる予備校ですが、選び方は?どんな授業があるの?今回は高卒認定予備校について詳しく見ていきましょう。

高卒認定試験合格の強い味方!高卒認定予備校とは?

高卒認定予備校とは?

高卒認定試験を受験しようと思った時には、「独学で勉強する」「通信教育」などいろいろな勉強方法が考えられます。

独学での勉強方法については、「高卒認定試験、独学で勉強して合格できる?」を参考にしてください。

高認受験者は仕事を持っていて時間がない人や、高校を中退していたりして勉強することから長く離れてしまっている人が多いので、効率的にやることが大切になってきます。

今回は高卒認定受験指導のエキスパートである、高認予備校を紹介します。高認予備校に通うメリット、具体的な学校例、そして比較のために予備校に通わない独学の方法についても考えてみましょう。

 

高卒認定予備校に通うメリット

大学受験の予備校のように、勉強はもちろんのこと受験までの全てをトータルサポートしてくれる学校が高卒認定予備校です。前述したように高卒認定を受ける人は勉強から遠ざかっている人が多いので、中学校で習う基礎レベルの授業からやってくれる予備校が多くなっています。学力に自信がない人でも大丈夫、いやむしろ学力に自身がない人こそおすすめです。

高校に行っていなくても、予備校に「通学」することで、生活のリズムができたり、勉強時間をある程度強制的に確保することができます。自宅で一人で自分で自分を律して勉強をしていくのは、実は想像以上に大変なことです。

高卒認定予備校に通ってくるのは高校を中退していたり、同じ境遇を持つような人がほとんどです。高校中退したコンプレックスなどを共有することで心を開くことができる友人を見つけることもできるかもしれません。また、「試験合格」という同じ目標をもった仲間と励ましあって勉強することもできます。

さらに、高卒認定予備校では、高卒認定試験の受験のための出願手続きも手伝ってもらうことができます。というのも高卒認定試験では出願が結構面倒な作業になってきます。用意すべき書類もたくさんあるので、分かりにくいところも予備校がサポートしてくれると安心ですね。

出願方法や試験科目など試験を受ける際の注意事項については、「受験資格や受験科目、難易度など高卒認定試験を受ける前に知っておくべきこと」を参考にしてください。

 

高卒認定予備校の費用

費用については、いわゆる高卒認定予備校に通学する場合は、1年〜半年で50万円程度かかることが多いとされています。期間でいくら、ではなく、受験する科目数によっても差があります。高校中退した人などで、ある程度単位を持っている人であれば受験科目も少なく、予備校の費用も安くなります。

通学せずに通信教育のみの場合は30万円程度、科目履修制度を利用する場合(通信制高校で単位を取る場合)は70万円程度見ておけば良いと考えられます。

高卒認定予備校の通い方は、「毎日通学する」「土日のみ」「夜のみ」などの様々な形態があり、働く人や様々な事情のある高卒認定受験生でもでも通いやすい配慮がされています。毎日通学し、授業日数が多い方がどうしても費用が高くなる傾向があります。

とはいえ、高卒認定試験は何度でも受験できるという半面、なかなか受からず勉強期間が長くなってしまう可能性もあります。費用が高いように見える高卒認定予備校も、思い切って集中して勉強した方が、短期間で合格できる=総合的には費用が安く抑えられる、とこともありえます。

自分に合う予備校・コースを選ぶようにしましょう。

 

高卒認定予備校一覧

ここでは具体的に代表的な高卒認定予備校を紹介します。
大きく分けて「高校受験や大学受験を指導する“予備校”が運営」している場合と、「通信制高校やサポート校が運営」している場合に分けられます。

代表的な高卒認定予備校をご紹介します「予備校が運営している」ことのメリットは、もともと大学受験などのサポートをするのが予備校なので、勉強のプロといえるでしょう。

 

中央高等学院

中央高等学院中央高等学院は通信制高校サポート校としてのイメージが強いですが、高卒認定予備校として35年以上の歴史があります。

学院オリジナルのTCCシステムで最短4ケ月で高卒認定試験合格が可能です。授業は少人数制なので、わからないところも質問しやすい環境です。母体である広域通信制高校・中央国際高等学校で科目履修制度も活用できます。

中央高等学院について詳しくはこちら

 

河合塾COSMO

大学受験で有名な大手3予備校の中のひとつ、河合塾の高卒認定コースが河合塾COSMOです。高卒認定受験だけでなく、定時制高校・通信制高校から大学進学をしたい人もサポートしている学校なので、受験に関してはとにかくプロフェッショナルです。高卒認定は3ヶ月で合格を目指すことができ、高卒認定の特徴的な問題をひとつひとつ丁寧に教えていきます。勉強に慣れていなくても、勉強のやり方を忘れてしまっていても大丈夫。個別に一人一人のペースで勉強を進めていくことができます。

 

四谷学院

「高認コース」では高卒認定取得がゴールではなく、その先の大学受験を見据えて、高卒認定と大学受験のレベルの間を埋めながらスムーズに移行することができるように特別なカリキュラムが組まれている点が大きな特長です。

基本的には最初の半年間で高卒認定の対策を行い、合格できるようにします。授業自体は、少人数で科目別の能力別授業を行い、それと併行して55段階個別指導を行います。中学校の内容から自信がないという人でも、確実にそのレベルから教えてもらえるので安心して通うことができます。得意な科目は大学受験レベルのレベルに進むこともできます。

「通信制高校が運営している」メリットは、一度の試験で全科目合格できなくても、科目履修制度を使って高卒認定の資格を取得することができます。この場合は高卒認定予備校の運営元の通信制高校に通って単位を取得することになります。

科目履修制度についての詳細は、「最短で高卒資格を取得! 科目履修制度とは?」を参考にしてください。

 

第一学院高等学校

通信制高校の第一高等学校が運営する高卒認定予備校なので、科目履修制度を使うことができます。29年の指導実績やノウハウを生かした授業を、通学でも自宅でも受けることができます。高卒認定は基本的には1年以内に合格することを目指します。

中学復習講座で、中学校で習った内容から(場合によっては小学校の算数から)丁寧に指導してもらうことができます。その後、ネット授業での基礎力養成を経て、高卒認定の過去問演習で実践力をつけるカリキュラムになっています。
「通学コース」と「通信コース」があります。

 

DSC高卒資格サポートセンター

通信制高校・鹿島学園高等学校が運営する高卒認定予備校です。
こちらも高卒認定試験に合格するための授業だけでなく、系列の通信制高校で必要な単位のみ取得して高卒認定に当てることもできます。

昼コースと夜コースを選択することができ、比較的格安に授業を受けることができます。また、通学しなくてもスカイプを使用したネットでの授業を受けることもできます。仕事などで忙しい高卒認定受験生にはぴったりです。

 

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!