中卒からやり直したい!中卒で取れる国家資格・民間資格

最終学歴が中卒の場合、就職や転職はもちろん、結婚などでもまだまだ不利になることが多い世の中です。中卒でもしっかり安定した仕事に就けて、生涯年収も高く、思い通りの人生を歩むために資格取得をおススメします。ここでは中卒でも取れる資格について紹介していきます。

中卒からやり直したい! 中卒で取れる国家資格・民間資格

そもそも「中卒」とは?

中学校を卒業したまま高校に進学していない人が「中卒」であるというイメージが強いかもしれません。高校に進学して、中退した場合には「高校中退」であって「中卒」ではない!と考えている人もいるかもしれませんが、それは実は誤解です。高校に進学していても、卒業していなければ(途中で退学したままにしていたら)正式には最終学歴は中学校、つまり「中卒」ということになります。意外と自分も当てはまっていた!という人もいるかもしれません。

 

中卒から就職する際の現状

では中卒から就職する際にはどのような壁があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

応募

まず就職をする際にはハローワークや求人情報誌、求人サイトなどで募集を探す作業になります。その際に壁になるのが、そもそも中卒の募集というのはとても数が少ないということです。選ぶ前に、まず中卒で応募「できる」募集を探すことに苦労するかもしれません。

就職

就職ができても、中卒の場合には単純作業や接客、肉体労働など非常に過酷な業務内容が多く、お給料や休日などの待遇も良くない場合が多いです。また、正規雇用となるとさらに厳しい現状があります。

キャリアアップ・転職

就職先の社内でも、高卒や大卒の人に比べて昇進や昇給がしにくかったり、キャリアアップに必要な資格が高卒以上でないと取れないなどの問題が起こってくる可能性があります。そのような理由もあり、中卒の人の生涯年収は高卒・大卒に比べて低い傾向があります。

このように、中卒ではどうしても不利になることが多くあります。

また、現代の日本では中卒の人はかなり少ないため、偏見などで結婚などに不利益がある可能性というのも残念ながら否定はしきれません。

最終学歴「中卒」のデメリットについて詳しくはこちらの記事(「最終学歴・中卒」のデメリット)を参照してください。

仕事に直結する資格を取ろう

中卒に関して厳しい現状をお話してきましたが、そうはいっても取れる資格はあるでしょ!ということで、中卒でも取れる資格を紹介していきます。(資格取得試験の受験資格があるもの・研修の受講資格があり受講することによって資格が取得できるもの)

仕事に直結しやすい資格とは?

国家資格

  • 宅地建物取引士(宅建)
    不動産業界で働くには必須の資格になります。難易度は高め。高卒や大卒でも苦労する人もいます。
  • 旅行業務取扱管理者試験
    旅行業務に携わるのに必要な資格になります。国内・海外旅行の両方を取り扱える「総合旅行業務取扱管理者」と、国内のみを扱える「国内旅行業務取扱管理者」の2種類があり、「総合〜」の方が難易度は高くなります。資格取得後は旅行代理店や航空会社に就職の道が開けます。
  • 調理師
    資格がなくとも料理を作ることはできますが、資格を持った人しか調理師と名乗ることはできません。飲食店には調理師の資格を持った人が1人以上必要です。
  • 製菓衛生士
    製菓を専門にするための資格で、資格がなくともお菓子を作ることはできますが、資格を持った人しか製菓衛生士と名乗ることはできません。
  • クリーニング士
    クリーニング店に必ず1名はおかなければいけない資格です。
  • 貴金属装身具制作技能士
    ジュエリー作りの専門資格になります。
  • 玉掛け
    クレーンを使う現場では必須の資格になります。

「調理師・製菓衛生師」の資格取得については、こちらの記事(中卒から調理師・パティシェを目指そう)でも詳しく解説しています。

 

民間資格

  • ネイリスト技能検定試験
    公益財団法人日本ネイリスト試験財団が主催する資格です。国際的に活躍できるネイリストの育成を目指し、1〜3級まであります。
  • JNAジェルネイル技能検定試験
    ネイルサロンの60%以上で使用されているジェルネイルの技術修得のための資格です。初級・中級・上級に分かれて試験を受けます。主催はNPO法人日本ネイリスト協会。
  • インテリアコーディネーター
    公益社団法人インテリア産業協会が主催する資格です。インテリア(家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識を持ち、居住空間やオフィススペースのインテリア商品選択のアドバイスなどを行ないます。
  • キッチンスペシャリスト
    キッチンスペシャリストとはキッチンの設備機器類に関する専門知識をもち、使う人が求めるキッチンスペースを提案する専門家です。公益社団法人インテリア産業協会が主催しています。
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
    一般財団法人日本医療教育財団が主催する資格で、医療事務に関する資格としては日本最大規模の受験者・合格者を誇ります。
  • 調剤事務管理士技能認定試験
    技能認定振興協会が主催する資格。保険調剤薬局での会計や調剤報酬の計算をする仕事への道が拓けます。
  • JADP認定ベビーシッター
    子育て全般に関する専門知識と保育の実践力を備えていることを認定する資格です。合格者は全国の保育施設で活躍しています。主催は日本能力開発推進協会 (JADP)。
  • フードコーディネーター
    レストランのプロデュースや食の商品開発などの仕事をする人のための資格です。主催は特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会。
  • エステティシャンセンター試験
    主催は一般財団法人日本エステティック試験センター。フェィシャル・ボディなどエステティック全般の知識や技能を問う資格で、受験資格には実務経験1年以上か300時間以上専門機関(通信制含む)でカリキュラム修了かが必要です。
  • 秘書技能検定
    オフィスワークで必要なビジネスマナーや事務全般のスキルを問う資格です。秘書だけでなく事務職全般で役立つ資格です。主催は公益財団法人 実務技能検定協会。
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
    業種を問わず、世界中のあらゆる職場で使われているword、excell、powerpointなどマイクロソフト社から販売されているビジネスソフトを使いこなす技量をはかる資格です。毎月試験が開催されているので受験しやすいです。
  • コトPOPマイスター検定
    お店の人のおすすめコメントなどを入れて商品を紹介しているPOP=コトPOPを書くスキルを認定する資格です。日本コトPOPマイスター協会主催
  • 介護職員初任者研修試験
    介護に関わる仕事のための基本的な知識力を問う資格。入門的な位置づけなので、難易度は低め。

 

また、「司法書士」「行政書士」「公認会計士」「税理士」「弁理士」などの国家資格も、実は受験資格は特に定められていないので中卒でも受けることはできます。しかし大学や大学院を出ている人でも合格が難しい試験なので現実的にはかなりハードルは高いといえるでしょう。

 

仕事に直結しやすい資格とは?

資格を取れれば、独立開業に結びつきやすい資格

仕事に直結しやすい資格といえるでしょう。宅建、調理師、クリーニング士などは自分のお店(不動産屋、飲食店、クリーニング店など)を持つ際に必要になります。独立開業するには絶対に必要な資格と、必須ではないものお客さんからの信頼のために資格があったほうが望ましいものがあります。これらは会社に雇われることなく自分でお店を作り、お客さんが満足してくれたりビジネスが成功すれば中卒という最終学歴は全く関係なくなります。しかし、独立開業のためには膨大な資金が必要なので、まずはいったんどこかに就職して資金を貯めたりビジネスのノウハウを得ることが先決かもしれません。

仕事に直結はしないが、就職の際に有利になる資格

いわゆる「手に職」系の専門職の場合には、就職の際の応募条件に、介護士の資格取得者、ネイリスト技能検定資格保有者などと書いてあることがあります。その場合には最低限その資格を持っていないと応募ができないということになります。

応募要件になってはいないが、応募の際のアピールになる資格

医療事務の資格、秘書検定、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などは事務職においては選考の際のアピールポイントになります。学歴や職歴がないぶん、「このくらいの知識はあります」「このくらいのことができます」という証明になるのが資格ということになります。

 

まとめ

最終学歴が中卒だったからと言って、決して人生終わりということはありません。中卒で活躍している人もたくさんいます。中卒であっても取れる資格も意外とありましたね。しかし、実際にそれらの資格を使って、どのように仕事を見つけていくか、そしてどのように成功していくかということが非常に難しくなってきます。

また、資格を取るだけで仕事に直結し、どんどん仕事が来る!年収も上がっていき、将来的に見ても安定して高い年収が見込める!という資格というのは、そもそもが取得すること自体がとても難しいものなのです。すごい資格は取るのもハードルが高い。当たり前のことのように思えますが、中卒の場合にはこの現実は覚悟を持って受け入れる必要が出てきます。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!