高校で留年が決まった時の対処法

高校で留年が決まってしまった人には、成績が良くなかったり、休みすぎて出席日数が足りなかったりとさまざまな理由があると思います。どちらにせよ、留年が決まってしまった時にどうすれば良いのか、留年してしまった後のいろいろな道について紹介します。

高校で留年が決まった時の対処法

高校で留年が決まった時の4つの対処法、それぞれのメリットデメリット

(1)そのまま在籍して卒業を目指す

まず最初に思いつくのが、「留年してしまったけどこのままこの高校でなんとか卒業できないか」ということだと思います。つまり1歳下の学年でもう一度リベンジするという形になります。一番「無難」に思える選択肢ですが、どんなメリット・デメリットがあるのか考えていきましょう。

メリット

普通に頑張れば、これまでの単位活かせてそのまま卒業できる可能性が高いですね。転校などの手続きなどが不要なので、やる気さえあればすぐに学校生活を再スタートすることができます。

デメリット

これまでの友だちから見ると後輩になってしまう、クラスメイトの年齢が下になるなど、人間関係が微妙になる。
もう一度全ての科目を取り直す必要があるので、一度聞いた授業をもう一度聞かなければいけません。卒業までの学費を考えると4年分(場合によってはそれ以上)かかることになります。

 

(2)転校する

今の高校でもう一度学年をやり直すのはちょっと…という人は転校することを考えると思います。ではどんな高校に転校できるのでしょうか。いま全日制高校にいる人は、別の全日制高校に転校したいと考えるかもしれませんが、実は全日制高校から全日制高校への転校は、病気や引っ越しなどの特別な理由がないと認められないのです。結構条件は厳しくなってしまうので、定時制高校や通信制高校への転校を考えるのが現実的でしょう。

通信制高校・定時制高校であれば、今まで全日制で取得した単位も卒業必要単位として認めてくれます。今までに取得してある単位数によっては、転校しても累計で3年間で卒業できる可能性もありますので、(1)そのまま在籍して卒業を目指す よりも費用が安く抑えられる可能性もあります。
では、通信制高校とはどのような高校でしょうか。ここで一緒に見ていきましょう。

通信制高校というのは基本的に、学校に通わずに勉強ができる高校のことです。前の高校を留年になってしまった理由は人によってそれぞれだと思いますが、例えば課題やテストに追われて勉強についていけなくなった場合でも、通信制高校では膨大な量の課題や難しいテストもありません。文部科学省の定めた最低限の高校卒業に必要な科目と内容を学んでいけば卒業ができるようになっています。

また、基本的には自分でレポートの勉強を進めていく形になります。学校自体にはほとんど通わなくとも良いコースから、月に数日や週に数日通うコース、など、通常普通の学校のように週に5日通って学習サポートを受けられる学校もあります。またその他に、年に数回、スクーリングという出席が必要な授業があります。卒業するには、各科目(単位)の必要な出席日数を満たし、定期試験をパスして、卒業に必要な単位数を揃える(レポート提出)ことが条件になります。

基本的には卒業のために絶対に必要な出席は年に数回のスクーリングとテストのみになるので、体調や精神的な問題などで毎日学校に出て行くことが難しくて留年してしまったという人でも、通信制高校ではその状態のままでも無理せずに自分で勉強を進めることができます。

その他、いじめや発達障害、人間関係の問題などで悩んでいた人も、通信制高校では少人数で落ち着いて、ゆったりした雰囲気の中で過ごすことができるため、居心地が良いという声も多く聞きます。

全日制などを中退して転入試験を受ける場合には面接や作文のみ、なかには試験なしという場合もあります。中学を卒業しての新入学だけでなく、他の高校を辞めて入ってきたりといろいろなパターンに対応しているため、みなさんと同じような境遇の人も多くいます。

必要出席時間数が少ないために時間に縛られないので、バイトや芸能・スポーツ活動・趣味など学校以外の活動に時間を使うことができたり、自分で授業を選択することが可能なので、個々のレベルやニーズに非常に対応しやすい高校なのです。

現在通信制高校の需要は高まり、増加傾向にあります。

小中学校と問題なく登校し、そのまま高校に進学する人ももちろんいますが、小中学校にあまり行けていなかったり、発達障がいや体調の問題など様々な事情を抱えていたり、みなさんと同じように留年したり、またその他の理由で高校を辞めてしまったり、高校に行っていない社会人の人、働きながら学校に通いたい人など、様々な背景の人が入学するのが通信制高校の特徴です。

転校するとその事実を履歴書に書かなければいけないので、進学や就職で不利になるのでは、と考えるかもしれませんが大学進学の場合はほとんどネックになる場面はないでしょう。特に一般入試では経歴は全く問われません。就職では面接で聞かれることもありますが、しっかりと理由や自分の考えを堂々と話せるようになっておけば問題ありません。

通信制高校とは?全日制高校との違いを紹介
高校3年生からでもOK!いつでも転入できる通信制高校
おすすめの通信制高校一覧

 

(3)高卒認定試験で高卒資格を取る

高卒認定試験に合格すれば、高校に通わなくても高校卒業程度の学力があると認定してもらうことができます。専門学校や短大・大学などの受験資格を得ることができます。また、公務員の一部では高卒認定合格者は「高校卒業」程度の採用試験を受けることもできます。

高卒認定試験で高卒資格が取れる高卒認定試験とは、もともと大検と呼ばれていたもので、正式には高等学校卒業程度認定試験といいます。様々な理由で高校に通うことができない人が、「高校には通っていないけど、高校卒業と同じ程度の学力があります」ということを認定してもらう試験です。

年に2回試験があり、各都道府県で受けることができます。受験資格としては受験する年度末までに満16歳となる人です。中卒の人はもちろん、高校に在籍中の人でも受けることができます。

科目は通常の高校と同じ必修科目を全教科合格する必要があります。一度で合格しなくとも、最終的に全科目が揃えば高卒と同等程度と認定してもらうことができます。高校中退であれば、前籍校で取得した単位が考慮されて試験科目が免除になることもあります。また、英検などの資格を持っている場合も級によっては一部科目が認定されることもあるので、調べてみると良いでしょう。

高校に通ったり勉強することが時間的・経済的・身体の事情などの様々な背景で難しい人には特におすすめです。中学までの基礎学力がある人は受けやすいと思います。

高卒認定試験については、こちらの記事(受験資格や受験科目、難易度など高卒認定試験を受ける前に知っておくべきこと)でも詳しく解説しています。

 

(4)就職する

高校は留年してしまったし、学校には行かずに就職しようかなと思う人もいると思います。この場合は高校の途中で辞めてしまっているので、学歴としては中卒になります。中卒での就職ということになると、具体的にはどんな形になるのか見ていきましょう。

まず、「とりあえずフリーターで」と考える人もいると思います。しっかり正社員で就職するにもまだ何をしたいのか分からない、何ができるのかも分からないのでアルバイトは手が出しやすいと思いがちです。しかし現状で、アルバイトですら、高校卒業をせず中退した人(最終学歴は中卒になる)への求人は本当に少ないのです。

正社員などでの就職を考えた場合にも、応募の条件が「高卒以上」「大卒以上」となっているものがほとんどで、実は採用以前に応募の時点で非常に厳しい状況になっているのが中卒での就職活動の現状です。

ちなみに、現在日本国内では中学を卒業後に就職をしている人は0.4% となっています。そのことからも、募集している仕事も少ないということが想像できるかと思います。

〈就職後〉

就職できた場合でも、中卒での仕事内容は単純作業や現場作業が多く、長年働いても現場から昇進することができない可能性が高いのがデメリットです。アルバイトで採用された場合も、低賃金・長時間労働で働いたとしても、ずっとアルバイトはアルバイトの枠になっており、正社員にはしてもらえないこともあります。また、中卒でも公務員にはなれますが、昇進が一定のところまでしかできないという制約があったりもします。

〈将来的に〉

一般的に、仕事をしていくうちに、業務の幅を広げるために、必要な資格を取得する必要がでてくることもあります。
その時に、資格を受験できるのは「高卒以上」「大卒以上」の場合があり、その際には受けることができずにスキルアップ・キャリアアップに制限が出てきます。

また、中卒で就職した場合と、「高卒」「大卒」で就職した場合では生涯年収(1人の人が生涯で得る収入の合計)が大きく違うというデータもあります。

平成22年の正社員の平均生涯賃金は、

男性の例で見てみると、中卒では 1億7,130万円、高卒では 1億9,040万円、大卒では 2億5,180万円

となっています。

また、生涯アルバイトだった場合の生涯賃金は、

年収1,862,000円(時給950円で一日8時間、週に40時間、年間休日120日(正社員と同水準の場合。実際はかなり好待遇の例))

なので、生涯賃金は8,379万円となります。(15才から60才まで働いた場合)

このように、現実的に、経済的な面から見ても、将来的に中卒だと高卒や大卒に比べて収入を得にくい可能性が高いという見方もできます。

まとめ

留年が決まってしまった時の対処法としては大きく分けて4つの選択肢があります。

(1)そのまま在籍して卒業を目指す
(2)転校する
(3)高卒認定試験で高卒資格を取る
(4)就職する

どれもメリット・デメリットがあります。自分に一番合った方法を選べるように比較検討してみましょう。

自分に合った通信制高校・サポート校を探そう!

資料請求はカンタン&無料!
自分にぴったりの通信制高校・サポート校を見つけよう!